【購入方法】Pixel2を購入・個人輸入してみた

iPhoneの修理をしている人ですが、根っからのAndoroid・Google信者。10月にGoogleから発表されたHTC Pixel2がどーしても欲しい!愛用していたNexus5もそろそろ限界かなと思っていた頃なので、Pixel2を個人輸入してみました。その方法をザックリ説明。

転送サービスを利用しよう

Google Store(米)で売られているPixel2。普通に購入できるのでは?と思ったんですが、どーやら日本の住所は入力できない仕様のようで…。

そこで登場するのが個人輸入・転送サービスのことならお任せ!「スピアネット」。このスピアネットに頼めば、日本発送に対応していないサイトでも、一度米国にあるスピアネットの倉庫を経由して日本に発送してくれる!なんとも素敵なサービス。

スピアネットに登録して海外住所を手に入れよう

まずはスピアネットに登録。スピアネットへの登録方法は他のサイトを調べれば、わかると思います。登録が完了すると、スピアネット倉庫の住所が記載されたページを見ることができるので、φ(..)メモメモ。

Google StoreでPixel2を購入しよう

Google Store(米)からPixel2を購入。住所にはスピアネット倉庫を指定。Pixel2 XLが欲しかったけど、画面焼付き問題と、すぐに欲しかったということもあり、Pixel2 256GB ブラックを選択。ケースをつける予定なので、色なんてどーでも良い。注文が完了したら、出荷されるのを待つだけ。出荷されると追跡番号が送られてきます。

ちなみに749.00ドル。日本円で87,107円(※為替相場116.298円)でした。

スピアネットに「商品が届くからよろしく!」と報告

Googleから出荷メールが来た!追跡番号が記載されているので、スピアネットに報告!「Pixel2の追跡番号送るから、着いたら教えてねー。」

しばらくすると、「Pixel2が届いたよ!送料と手数料を計算するから、ちょっと待ってね!」とスピアネットから連絡があります。

次の日、スピアネットから「送料25ドル+手数料9ドルの合計34ドルだよ!支払いよろしく」とメールが来たので、すぐさまお支払い。支払いが完了すれば日本に向けて発送しましたよと連絡があります。あとは届くのを待つだけ!

届くまでに日数とかかった費用

さて気になるのは、どれだけの日数と費用がかかったのか?
◎かかった日数
10月29日01時:Google StoreでPixel2を注文(クレカ決済)
10月31日00時:GoogleからPixel2出荷
11月02日03時:配送会社から配達完了の連絡
11月02日05時:スピアネットからPixel2の到着連絡
11月02日13時:スピアネットから送料と手数料の案内(クレカ決済)
11月02日23時:スピアネットから決済処理完了の連絡
11月03日07時:スピアネットから決済処理完了の連絡
11月06日11時:国内到着
11月06日16時:輸入許可
11月06日17時:国内発送、作業店通過
11月07日03時:作業店通過
11月07日08時:配達中
11月07日11時:配達完了
合計:9日間

◎かかった費用
商品代:749.00ドル(87,107円)
送料+手数料:34.00ドル(3,986円)
国内消費税:4,000円
合計:95,093円

端末到着!

在庫があったので、10日以内に届きました!Pixel2の紹介は次回の記事で紹介していきたいと思います。

ピックアップ記事

2016.9.14

速報版:iPhone7Plus分解修理方法「基盤・バックカメラの取り外し方」

iPhone7Plusの分解修理方法がついに公開されました!今回公開されたのは、フロントパネル、バックカメラ、バッテリー、基盤の外し方までで…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る