iPhone5G分解修理:フロントパネルの外し方

バッテリー端子を外したら、液晶パネルと基盤を繋ぐ端子を外していきます。

ケーブル各種を固定している金属プレートにネジが3本止まっているので、プラスドライバーで外しましょう。

l6XiGHn1DtwMvkHW

赤色が1.2mmプラスネジ、橙色が1.6mmプラスネジです。橙色のプラスネジは磁力がないので、取り外しに少し苦労するかも。

X3Ph4Rdtaw3RBH3Y

ピンセットなどでゆっくり金属プレートを外します。

qyrrmC3tPAKqsfDL

プラスチックヘラでフロントカメラ&センサーケーブルを外します。

g1qXXgcNiSkruVnO

次にLCDケーブルをプラスチックヘラで外します。

ZW43Q1f4ipOsacub

最後にデジタイザーケーブルをプラスチックヘラで外します。

kntTmSteECxqglDO

これでリアケースからフロントパネルを取り外すことができます。

ちなみに組み立ての際、タッチが効かない場合は、再度デジタイザーケーブル端子を接続、画面に白線が出る場合は再度LCDケーブル端子を接続しましょう。画面が何も映らないけど、バックライトが付いている場合は、再度バッテリー端子を接続し直すか、再起動することで改善することがあります。改善されない場合は、パネル不良か、壊してしまった可能性があります…。


転載元:写真はiFixitより転載しています。

関連記事

ピックアップ記事

2016.9.14

速報版:iPhone7Plus分解修理方法「基盤・バックカメラの取り外し方」

iPhone7Plusの分解修理方法がついに公開されました!今回公開されたのは、フロントパネル、バックカメラ、バッテリー、基盤の外し方までで…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る