iPhone6分解修理:バッテリー端子の外し方

電源をOFFにしても、ロジックボード内で電流が流れている可能性があったりします。iPhone6のフロントパネルを開けたら、まずはバッテリーの端子を外しましょう。

端子を外す前に、もう一度iPhoneの電源がOFFになっているか確認しておくとベスト。

cun1pjx6i34sblvk

バッテリー端子を固定している金属プレートに2本のネジが止まっているので、プラスドライバーで外しましょう。赤色が2.2mmプラスネジ、橙色が3.2mmプラスネジ。

kuclxeg5ikwmvrsb

ピンセットなどでゆっくり金属プレートを外します。

fdqloknrrlxsgxxn

プラスチックヘラで端子をゆっくり持ち上げて外します。ソケット部分を壊してしまわないように注意。


転載元:写真はiFixitより転載しています。

関連記事

ピックアップ記事

2016.9.14

速報版:iPhone7Plus分解修理方法「基盤・バックカメラの取り外し方」

iPhone7Plusの分解修理方法がついに公開されました!今回公開されたのは、フロントパネル、バックカメラ、バッテリー、基盤の外し方までで…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る