iPhone6G分解修理:フロントパネルの開け方

iPhone6(iPhone6G)を修理するには、フロントパネルを開けないと何も始まりません!

まずは、iPhoneの電源がOFFになっていることを確認しましょう。

ip6f01

充電ケーブルを指すコネクタの左右にある星ネジを2本外します。

ip6f02

画面下部(ホームボタンの上くらい)に吸盤をしっかり貼付け、プラスチックヘラで隙間を作ります。隙間ができたら、時間をかけ、少しずつ周りのクリップを外していきます。

ip6f03

周りのクリップをすべて外したら、画面をゆっくり持ち上げます。端末上部には液晶ディスプレイやフロントカメラ、ホームボタンをつなぐケーブルが接続されています。この角度以上開かないようにしましょう。


転載元:写真はiFixitより転載しています。

関連記事

ピックアップ記事

2016.9.14

速報版:iPhone7Plus分解修理方法「基盤・バックカメラの取り外し方」

iPhone7Plusの分解修理方法がついに公開されました!今回公開されたのは、フロントパネル、バックカメラ、バッテリー、基盤の外し方までで…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る