iPhone復元・更新時にiTunesでエラー40が表示されたときの原因と解決方法

iPhoneの復元・更新時にiTunesで【iPhoneを復元できませんでした。不明なエラーが発生しました(40)】というエラーが表示されることがあります。iPhoneの復元・更新中に何らかの原因で作業が中断されてしまい、正しく処理できなかったときやハードウェアに何かしらの原因がある場合に、このようなエラーが表示されます。

まずはApple公式サポートページを参考にしよう

◎最新のiTunesをダウンロード・インストールする
◎パソコンを再起動してみる
◎純正のライトニングケーブルを使って、PCとiPhoneを接続する
◎iPhoneを強制起動する(リカバリーモード/DFUモードに移行)
◎別のパソコンで試してみる

上記でも改善しない場合

基板不良・NAND FLASH損傷の可能性

iPhoneに強い衝撃を与えてしまった、iPhoneが歪んでいる・曲がっている、iPhoneを水没させてしまったことがある。考えられる原因は様々ですが、NAND FLASH損傷、またはNAND FLASH周りの回路が損傷していると、このようなエラー40が表示される・リンゴループになることがあるようです。この場合、基板修理を行うことで改善することがあります。個人ではやるには難易度の高い修理になるため、基板修理を行っている修理屋を探し、依頼するのが一番良いかと。

▼iPhone6 iTunes Error9、Error14、Error40を修理(基板修理)

▼iPhone6Plus iTunes Error9、Error40、Error4013を修理(基板修理)

これらの情報に誤りを見つけた場合は、下記お問い合わせフォームより情報修正の提案や報告することができます。

情報の修正を提案する

関連記事

  1. iPhone復元・更新時にiTunesでエラー4013・エラー4014が表示されたときの原因と解決方法

  2. 【iPhone6/6Plus修理】画面交換後にパネルとリアケース間に隙間ができるときの対処方法

  3. iPhone復元・更新時にiTunesでエラー9が表示されたときの原因と解決方法

  4. iPhone復元・更新時にiTunesでエラー56が表示されたときの原因と解決方法

  5. 【iPhone6s/6sPlus修理】画面交換後にパネルとリアケース間に隙間ができるときの対処方法

  6. 【iPhone5s修理】画面交換後のブルースクリーン対処方法

iPhone修理屋検索サイトについて

iPhone修理屋検索サイトは全国にあるiPhone修理屋の店舗情報をまとめたポータルサイトです。

エリア検索だけでなく、カテゴリ検索やキーワード検索もできるので、数多くある店舗の中からあなたの希望にあったiPhone修理屋を見つけることができます。

近くのお店、修理価格の一番安い修理店、正規修理店、保証がついている店舗を探すときにご活用ください。

  1. カメラのキタムラ ピオレ姫路店

    2018.09.27

  2. カメラのキタムラ イオンモール草津店

    2018.09.27

  3. カメラのキタムラ 西浦店

    2018.09.27

  4. カメラのキタムラ 阿漕店

    2018.09.27

  5. Apple京都

    2018.09.19